2006年10月12日

発達検査

園で 発達検査がありました。
前回が6月だったので
4ヶ月しかたっていないのであんまり変わりないのですが☆

「運動」「探索・操作」「社会」「食事・排泄・生活習慣」「理解・言語」
の5つの分野を 母からの報告をもとに判断します。
本人の体調や 機嫌の良し悪しに関係なく 検査できるのがよいところ。

yayanは2002年6月生まれなので
現在の生活年齢(月齢)は52ヶ月

48ヶ月児の項目を見ていきますと
できない項目は 言語面と 社会面に集中してます。

<理解・言語>
経験したことを 他の子に話す。
実際に見聞きしたことを 話す。
絵本を見ながら 子ども同士でいろいろ話し合う。
話が途中で終わると 「それでどうしたの」と聞いてくる。

一つもらって 「もう一つちょうだい」と言う。
自分のことを「わたし」と言う。
話したいことがたくさんあって「あのね」と言う。

<社会>
友達を家に誘う。
負けて 悔しがる。
得意になって 説明する。
ぶらんこなどを 順番に使う。

子ども同士で お店屋さんごっこをする。
友達と ままごとをして 30分以上遊ぶ。
友達とけんかして 母に いいつけに来る。

年下の子の世話を焼きたがる。

<探索・操作>
友達と会話をしながら 何かを作る。

砂山で トンネルを作る。
積み木などで 線路を作って 電車遊びをする。(みたて遊びをする)


といった項目が できていると
発達年齢も4歳児並みなんですが。。。

運動面でポイントを稼いでるので
総合の発達年齢は前回と変わらず 3歳くらい。
言語 社会は 2歳児くらいです〜
しかし 生活年齢が上がってるぶん
発達指数(DQ)は下がり 68でした。



posted by tanx2 at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | あさぎり園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

運動会・本番

10月7日は、あさぎり園の運動会でした^^
同じ敷地内にある保育園と合同です。
ちゃんと「あさぎり園さん〜っ」と紹介してもらって
声援もいただきましたっ

yayanがでた競技は「かけっこ」と「障害物競走」
というとたいへんな競技かと思ってしまうけど、
スタート地点で年長組のおねえちゃんと一緒に待っていて、
よーいどん!でゴール地点で待っているおかあさんのところに駆けていく。
これが「かけっこ」。
飛び箱とのれんくぐりをして、おかあさんにおんぶしてもらって
ゴールするのが「障害物競走」
「障害物」ではyayan、みんなのお手本も上手にできました^^

運動会は朝9時から正午まで。
思ったより気温が高く、けっこう暑かったのですが、
yayan一番前の席でぐずることなく、
上手にイスに座ってみてることができました。ホッ

それよりも感動したのが、
この9月で あさぎりを卒園し、保育園に完全移行したKちゃん。
かけっこでお名前を呼ばれた時は、
すごく元気な大きな声で「ハイッ」ってお返事できたし、
おもわずあさぎり席の母たちから歓声がーー^^
さらに「ムシキング」の踊りもパーフェクト!

前にも書いたけど、保育園に個別の加配はないので、
基本的に彼女は一人で行動。
ほんとにほんとに立派に運動会をこなしていて、
K母はビデオ撮ってなかったら号泣するところだったそうです。
でもウルウルでした。私もウルウル。

来年の運動会は、あさぎり園からでなく
保育園の年中組さんから参加したいなー。
うん。絶対行こう!めざせ保育園なのだぁー♪

posted by tanx2 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | あさぎり園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

中日ドラゴンズ優勝!

2年ぶりの優勝っ
やっと決まったよ〜
落合監督のインタビュー 泣けた!
めざせ 日本一ー!!!

・・・「僕道」見れなかったじゃん♪
ビデオみなくちゃ。

posted by tanx2 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

加配とは?

yayanが入ろうとしている保育園には加配制度がない。
・・・と思っていたら 
実は障害児加配保育士っていう人がいるそうです。
しかしっ園に一人なんだって。
しかもっ市内のすべての保育園に 
加配の先生がいるわけじゃないらしい。
で、たまたまyayan希望の園にはいるのだそうだ。
フリーの保育士(担任をもたない先生)とはまた違って
あくまでも障害児加配らしいのである。

でも 園に一人???加配って私のイメージでは、
「園児一人(またはクラスに一人とか)についてくれて
その子が一人ではできないことなんかを助けてくれる人」
だったんだけど。

あさぎり園の先生がおっしゃるのは
イメージとしては近いんだけど、一人に一人つくんじゃなくて
なんかの行事とかで、子どもがちょっとそれちゃったりしたとき
ついててくれるというか。
それってまさしく加配なんだけど
園に一人ってのが ???なところ。
それって障害児は一人しか受け入れないってことなの?
あっちもこっちもイラってきてたら一人じゃまわっていかないじゃん?
そこんとこじっくり聞けなかった・・・

どっちにしても、身辺処理ができるってのは
絶対条件のような感じ(。。。とは聞いてないけど)

保育園に通わせることによってのびていく子どもを
身近に見ているだけに、加配制度があるのはとてもありがたい。
でもなんか、先生の説明はよく意味がわかんなかったなぁ。

私立幼稚園なら、交渉しだいでいろいろ配慮があるのかもしれないけど
とりあえず私立幼稚園に行かせる予定はナシ。
保育園は「生活」で、幼稚園は「教育」だと漠然と思ってる私。
(方針の違う園もあると思います。)
yayanにはとりあえず生活スキルを学んで欲しい。

ということで、
保育園移行の予定がない今、来年4月にむけての 
保育園or幼稚園への願書提出はナシなのでした。

それにしても、加配をつけてもらうと、月謝に追加料金つくのかな?

posted by tanx2 at 20:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 保育園のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪夢 ふたたび!

暑くなく 寒くなく
キモチいい時期になりました。
ってことで 最近の園の活動は
運動会の練習もかねて もっぱら「園庭遊び」です。

練習の方は そつなくこなすyayanさん。実に楽しそうで
とくに問題なし。
・・・がっ しかしっ!!
その後の園庭遊び。
yayanは ここんとこずっと 砂場だったんですが
昨日から 「ブランコの人」になりました。

思い返せば 今年の春。
その頃の活動も 園庭遊びで 同じくブランコの人で。
自分が乗ってる時に
「かーわって」と言われて 
「いーいーよ」と言えず
「どぅあめっ(だめ)!!」と じぇったいに替わらない。
二つあるブランコのうち
むかって右側しか乗らないというこだわり。
この2点が ものすごいネックだったのでした。
何度か練習?を重ねるうち
その時は「いーいーよ」と替われるようにはなった。

で 秋。
同じく「かーわって♪」と言ってみると
いーやーよっムカッ
しかもすごいでっかい声(-.-;
ていうか ほとんど叫んでる。ダミ声だし。

うそっ!?克服したんじゃなかったの???
それからは 「ぶーらんこぶーらんこ♪」の
歌を歌っただけでもう「いーやーよっムカッ」って言ってるし。
(歌の最後に 「かーわって♪」のセリフが入るから)

他の遊びは 「順番だよ〜」と言えば 順番が守れるのに
なんで ブランコだけ ダメなんだろう???

遊びたりないのかと思って
たっぷり こいで
(私と一緒に乗るのはいやがるので 一人で立ちこぎ)
降りてブランコの座面で遊び始めた頃に
「かーわって」と言っても
やっぱりダメ
あわてて こぎだすし。
母がその場にいなかったら もすこしマシな気もするけど。
それは単独の時におねがいするとして。

。。。ああ この秋も一波乱ありそう。。。
マジ ブルーだよ。(マジレンジャーではない)

posted by tanx2 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 療育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。