2009年06月29日

交通事故

小学校に上がってから、落ち着きがなく、発達障害の疑惑がもちあがった(と、ママが言っていた)お子さんがいて、月末に受診を控えてるんだけど、その子が今日交通事故にあった。

「1年生が車にひかれたらしい」我が家から徒歩数秒の現場近くを通って帰宅した長男がそう言うので、すっとんでいったら、もう救急車は出た後で、そこにいた子たちに聞いたら、その子のことだった。

車と接触、転倒し、後頭部から血が出ていたそうだが、ヘルメットをかぶっていたので、幸い軽症ですみました。

1年生が一人で出歩く、しかも自転車で、というのはとっても危険。
まして、今回やや疑惑の少年だったので、だから事故にあった、ってわけでもないけど、ますますyayanを一人歩きさせるのが怖くなってしまった。
posted by tanx2 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

さんすうがすき

yayanがなかよし学級に入ったことでいちばん不安だったのが、オベンキョの遅れ。

知的に遅れているから、オベンキョが遅れるのは仕方ないけど、足し算引き算なんて、まともにできるようになるのはいつのことだろうと思っていた。

ところが、である。

やっぱり個別に、一対一で教えてもらえるというのは効果てきめん。あっというまに、くりあがりのない足し算、引き算ができるようになった。これには私もびっくりです。

教え方も上手なんだろうなぁ。yayanは、ちょっとだけわかることを、何回も繰り返して言うので、親の私でもぶっちゃけくどい。いらついて「そうそうっ」と手荒にあしらってしまうこともしばしば。

そんなyayan相手にブロックを使って、根気よく教えてくれます。ほんとに頭が下がります。ありがとうございます!

yayanは、「たしざんかいて〜」と、紙とえんぴつを持ってきます。
問題を書いてあげると、喜んでやってます。わかるから、やりたくてしょうがないみたい。こんな光景は想像してなかったです。

でも、このあと、くりあがり、くりさがりもあるから…これまたむずかしぃ〜
それから、筆算は何年生だっけ?
九九やって、かけ算、わり算、あぁぁ生きていくためのスキルを身につける道のりは長いな〜

でも、算数がきらいじゃない、みしろ好きなのはほんとにありがたい。学校と先生のおかげです。
がんばれyayan♪
posted by tanx2 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友達からのメール

あさぎりメイトママさんからのメール。

だんなさんの親戚で、信心深いおじさん(たぶん、だんなさんよりずっと年上。)が来て、

「子どもに障害があるのは、嫁の実家が先祖の供養をちゃんとしてないからだって言ってた」

と、だんなさんから言われて、すごくショックを受けてました。

前からだんなさんはそんな話を聞かされていたらしいです。

「そういうのってあるのかな〜。この家(だんなさんのご両親と同居)の人は皆、子どもの障害を私の実家のせいにしてるんだと思ったら、なんだかつらくなってきた。」

…こんなメールが来ました。

そんなこと嫁に向かってよく言うわ、とだんなさんの軽はずみさにちょっと憤りつつ。

墓参りして障害が消えるなら、いくらでも参らせてもらいますが。

まったく!年寄りの考えることはめちゃくちゃです。ばからしい。
posted by tanx2 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

逆大の字

200906262232000.jpg
私とyayanはダブルサイズのふとんに一緒に寝てるんだけど、yayanってばこんな感じで寝てます。

私の寝る場所ないじゃんよ。もう、一つのふとんじゃ無理かなぁ。

大きくなったのね。
posted by tanx2 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メール投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

福祉の杜見学

yayanの夏休み対策!今日は「福祉の杜」というところをを見学してきました。

ここは通常は大人用の施設で、入所施設や、作業所があります。施設自体がまだできて3年くらいなので、とてもきれいなとこでした。

夏休みなどの長期休暇は、日中支援ということで、障害のある小学生を預かってくれます。時間は10時〜15時。

写真を見せてもらいましたが、室内活動はもちろん、お庭でプール遊びをしたり、お散歩にいったり、買い物に行ったり、調理をしたり、学校の宿題の工作をやってる子もいました。

例によってあさぎりOBちゃんたちもたくさん写真に写ってて、知ってる顔も多かったです。

支援員さんたちは、保育士さんや、地元の大学で保育士さんをめざす学生さんたちで構成されてます。子ども5人に対し、支援員さんは3人つきます。

なかなかよさげな感じだったので、利用してみたいと思います。

とりあえず今は受給者証の到着待ちです。来たら、事業者と契約し、支援が始まります。

自分のためにも、yayanのためにも、こういうサービスを利用するのはいいことだと思うんだけど、はたして、私がyayanと離れられるんだろうか。。。と実は不安。

去年までは保育園で過ごしていたけれど、今年からはちょっとちがう夏になりそうです。

posted by tanx2 at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | yayanのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。